2013年4月 記事一覧

黒田新総裁の新しい金融政策が市場から好感されている。
2013年4月4日(木)に開かれた金融政策決定会合で決定されてから、1週間も経たないうちに株価は13000円を超え、円も1ドル100円に迫ろうとしている。こうした敏感な市場の反応と共に、新年度の桜の季節ということもあるだろうが、人出や街を走る車の数も増えてきたように感じる。
目標に掲げられている物価上昇率2%の実現が、どのような経路を経てなされていくかまだ見極めるには早すぎるが、少なくとも株価や不動産等資産価格への影響は十分に考えられる。そうした資産効果を通じて経済全体への好影響が出てくることは大いに期待できるだろう。

 

黒田総裁の「異次元の政策」については、特に重要と思われる注意点が二つある。
一つは、総裁自身が明示しているように、「政府の財政規律の確保」を踏まえるということだ。特に、銀行券ルールを一時停止し、資産買い入れ基金を廃止する以上、長期国債買い入れは「財政ファイナンスではない」という決定会合のポイントは極めて重要だ。
歴史的な教訓も踏まえ、また日銀の独立性も確保する上で、さらに現在の財政赤字の状況も鑑みれば、この点を政府も国民もしっかりと認識する必要がある。
もう一つの点は、金融緩和の継続時期だ。黒田総裁は「安定的に持続するために必要な時点まで」としている。「異次元緩和」は異常なデフレ、異常な円高から脱却するために今は必要であり市場からも好感されていても、経済の動きに応じて政策を調整していく必要があることは言うまでもない。
そうした点を踏まえつつ、黒田新総裁の金融政策が、政府や多くの国民の信頼と協力のもとに、歴史的に見ても大成功となるよう期待したい。

ページ上部に