オリンピックの会場問題が、IOC、東京都、準備委員会等、国際機関等も巻き込んで、大きな問題となっている。コストの問題、利便性、その他ゲーム上のルールや集客上の問題等ふくめ、様々な長短が指摘されることに起因しているのだろう。

それにしても、コストの見直しをすると、数十億円から、競技場によっては、数百億円から1000億円を超える数字の見直しがあり、理解に苦しむ。

新国立競技場一つをとって見ても、500億円から1500億円、3000億円から、また1500億円といった具合に見積もりが変わってきたことを我々は忘れてはいない。

 

このような数字は誰が、どのような根拠をもって見積もったのだろうか?

現在4者会議が行われているその数字は、誰が査定をし、信頼できる数字として認められてきたのだろうか。マスコミは出てくる数字をただ報道するのみで、どこの見直しや節約により、いくらぐらい減少させているのか明確にしていない。

 

例えば建物の見積もりをするためには、地中に何本の杭をどのような方法で打つのか、基礎工事にどれくらいのセメントを使い、どういう方法でどれくらいの基礎となる部分を作るのか、柱は何本でどのようにして支えるのか、屋根は、どのようにして支えるのか、内装は、トイレや、客席、更衣室、売店その他どのようなレイアウトにするのか等々、見積もりの中身を決めていくことから始まっているはずだ。もし、その具体的な見積もりの中で、コストの削減を図るのであれば、なぜ、数百億円も、あるいは1000億円以上も削減できるのか、根拠をしっかりと都民や国民に示すべきである。

バナナのたたき売りとは全く違うのだ。国民がきちんと比較ができるように、もっとオープンな形で、具体的な見積もりの違いを、国民に示すべきだと考える。

ページ上部に