民進党岡田代表は、東京都知事選挙の前日(2016年7月31日)、自身の任期満了に伴う9月の代表選に出馬しない意向を表明した。岡田氏は、「参院選で、どん底の状態から反転攻勢の一歩を踏み出すことができた。」としている。また、野党の共闘により一定の成果を出していることは最大野党の党首として評価できることでもあるだろう。

さらに、参院選も与党の大勝利といった結果でもなく、今回の東京知事選で勝利を収めれば充分五分の戦いといったことになったのではないかと思われる。

 

そうした中、なぜ、知事選挙の前日に代表選出馬せずの発表を行ったのだろうか。いくら「事実上の選挙戦も終わった」といっても、選挙民は投票所の前の写真を見ても、最後まで迷っている人は大変多い。

選挙運動をボランティアとして手伝っている人も、「事実上選挙戦は終わった」として選挙前日に選挙カーから降りて帰ってしまう人など一人もいないであろう。

 

先の参院選においても、自身の三重県で代表の信頼している候補者が万一敗れるようなことがあれば代表選には出ないというメッセージを流していたことが思い出される。

そんな発言をすればそれを聞いた相手方が勢いを持ち、ありとあらゆる策を講じてその選挙区で大将の首を取ろうとするだろう。

 

二大政党で政策について質の高い議論が十分になされることを国民は願っている。議論の末政権交代が実現され、国民はそうした選択肢を持つができることを切に望んでいるのだ。最大野党の党首にはそうしたことが早く実現するよう切に期待するところである。

ページ上部に