錦織選手の活躍に、日本中どころか世界中の人々が沸いている。

9月6日、全米オープン準決勝で世界ランク1位のジョコビッチに快勝し、世界中の人々から驚きと称賛の声が上がっている。

もう数年前になるが、まだ今ほど有名ではなかった錦織と対戦したフェデラーが、その勝利インタビューの中で錦織を絶賛し、「彼は将来世界のベスト10、いやベスト5以内に必ず入るだろう」と言っていたが、それどころか今や世界のトップ選手になろうとしている。「ベスト10」を「ベスト5」と言い直していた意味がよくわかるような気がする。

錦織選手のすごいところはその技術力もさることながら、誰に臆することもなく自分の力を最大限発揮できるところだろう。「勝てない選手はいなくなった」と公言するのも、本当にそう信じているからだろうし、相手が世界ランキング1位の相手でも、精神的にたじろぐ雰囲気はない。対戦を見ているとむしろジョコビッチの方が追いつめられているような感じを受けたのは筆者ばかりではないだろう。

いよいよ全米オープンの決勝だ。

世界中のファンが息をつめて注目する中、そのたぐいまれな才能と努力、そして強い自信をもって、素晴らしい栄冠を手にしてくれることを心から期待している。

ページ上部に