<?php the_title(); ?>

豊洲、検証へ

2016年9月20日 | 時事問題

豊洲問題について、連日マスコミに大きく報道されている。本件については、外部の有識者が市場移転問題全体を検証する、「市場問題プロジェクトチーム」。

土壌汚染対策検討組織である「専門家会議」。

市場移転の政策形成過程などを検証する「都庁内横断組織」の三つの新組織で検証が行われることになる。

大変結構なことだ。食の安全は言うまでもなく極めて重要なことだ。最大都市の台所として、ますます重要性を持つ東京の市場が、その信頼を失うようなことがあっては決してならない。是非とも性格で厳しい検証を行ってほしいと思う。

 

この検証については、次の二つのことを忘れてはならない。

1つは、計画策定にあたってのコストの検証だ。当然計画が変わったのだから、費用も大きく変わっているはずである。その差額はいったいどのように修正されているのか。見積もりや決済はどのようになされているのかという予算、決算のチェックだ。

2つ目はここで行われる検証は、オリンピックの検証にも十分活用すべきだという点だ。

都民や国民は、オリンピックで新国立競技場建設費用が莫大な金額で上下したことを決して忘れてはいない。また、地方の競技場や練習場の建設費、単一入札が多いこと、99%を超える落札が相次いでいる不可解等、様々な不透明な実態につき国民に説明していく必要がある。小池知事が行おうとしていることは大変良いことだと思う。

不透明さをなくし、丁寧に国民や都民にわかりやすく説明していくことは大変重要なことである。

ページ上部に