2017年1月20日、トランプアメリカ大統領の就任演説を聞いた。

大変わかりやすく、概括すれば次の5つのことを述べている。

 

第1は、この就任式は、「単なる政権交代をしているわけではなく、ワシントンDCから、国民である皆さんに政権を取り戻している」ということを述べている。

本当に大切なことは、どの党が政権を握るかということではなく、「政府が国民により統治されること」している。

第2は、「アメリカ・ファースト」だ。アメリカは、何十年もの間、アメリカ産業を犠牲にし、外国産業を豊かにしてきた。他の国々の軍隊を援助してきた。しかし、これからは新しいビジョン、「アメリカ・ファースト」がアメリカを治めることとなる。

第3は、保護主義だ。「貿易、税金、移民、外交についてのすべての決定は、アメリカの労働者と家族の利益のために下される。」「他国の暴挙から国境を守らなければならない。彼らは私たちの商品を生産し、私たちの会社を盗み、私たちの仕事を破壊している。保護こそが偉大な繁栄と力に繋がる。」

第4は、二つの単純なルールに従う。「アメリカ製の商品を買い」、「アメリカ人を雇うこと」だ。「私たちは古い同盟関係を強化し、新たなものを形作ります。イスラム過激派のテロに対し世界を結束させ、地球上から完全に根絶させます。」

そして第5に、アメリカ合衆国への忠誠心と、団結を訴えている。

 

就任演説は、上記理念を描いたものであり、特に第1は、日本国憲法にも書いてある民主主義の基本的な考え方を述べているものだ。トランプ氏がこのような民主主義の考え方を第1番目に詳しく述べている点は特筆すべきことであり、民主主義国家として大きな安心材料をもたらすところだと感じられる。

ページ上部に