2016年のアメリカ大統領選挙も、民主、共和両党の候補が決まり、いよいよ最終段階に入ってくる。大統領選挙は4年に一度、国を挙げ、マスコミを上げての大政治教育でもあり、アメリカ国民は子供たちも含めて、大変貴重な政治選択を学ぶことになる。

 

今年は、共和党ドナルド・トランプ氏と、民主党ヒラリー・クリントン氏だ。

アメリカ人は選挙結果を見ると大変バランスよく両党から大統領を誕生させており、一つの党に連続して政権を持たせることはしていない。そうした観点からすれば、8年続いた民主党オバマ政権に続きさらに民主党の大統領を選ぶことは考えにくいところだろう。

 

一方、トランプ氏に対する日本のマスコミの評価はかなり低いものがある。暴言がひどすぎる、経験がなさすぎる、日本への風当たりが強い、交渉チャネルがなく日米関係の安定に不安が残る等々。しかし、大統領が変わると各省の幹部も大幅に交代し、それなりの人々が要職に指名を受けるのだ。それほど安定度が急に損なわれるといったことは考えにくいところだろう。

それより、アメリカ人は民間の経験を持つトランプ氏は、もっと効率がよく、既得権益から離れ、民間の発想を取り入れ、政治的にも新しい発想で、“Change” を実現してくれる人と期待している表れなのではないだろうか。

そうであれば、日本も変にアメリカ一辺倒のような過剰な日米関係に期待を続けるのではなく、より自主的な日本の立場を明確にしていくべきなのではないだろうか。日本が新しい発想を持ち行動していくことによって新しい国際関係を樹立していくべきなのではないかと思う。辺野古などに唯一の選択肢と異常に固執していく理由も薄らいでいく可能性もあるだろう。アメリカも日本もより自主的にしかも合理的に判断していくことにより、良い意味での“ギブアンドテイク”の関係が構築されていく良いチャンスととらえるべきなのではないかと思う。

ページ上部に